パーティーにおすすめなミニドレス|マナーを守りつつおしゃれに

ドレス選びのマナー

新郎新婦

男性の服装は、女性に比べ限られています。スーツやかりゆしウェアなどが一般的なので、服装で悩むことはあまり無いでしょう。しかし、女性の服装は着る服だけでなく、アクセサリーや靴、髪型まで気にしなければなりません。しっかりマナーを守り、お互いが気持ちよくなれるような服装で参加しましょう。女性の結婚式の服装に適しているのが、膝上5センチから膝下丈のワンピースです。短すぎるスカートは、肌の露出部分が多くなってしまいます。友だちの結婚式なら膝上5センチ、身内の結婚式なら膝下丈がベストでしょう。ワンピースなど服装を選ぶ際は、色にも気をつけましょう。白は花嫁の特別なカラーなので、白を選ぶのは避けましょう。また、服装の色が全体的に白く淡い色になってしまう場合も避けた方が良く、ボレロなどの羽織ものでダークカラーをチョイスすると良いです。

結婚式の服装を選ぶ際は、季節によって着る服は異なります。しかし、暑いからといってノースリーブタイプで参加するのは、露出が多くなってしまうので控えましょう。ノースリーブやベアタイプのワンピースなどを着る際は、上からボレロやショールなどを羽織ると露出を抑えることが出来ます。特に、結婚式だけでなく、挙式から参列する人は露出は控えた方が良いです。ドレスには様々なタイプがあるので、ノースリーブなど露出してしまう恐れがある場合は、一緒にボレロやショールなどの羽織りものも購入すると良いです。露出のしすぎで花嫁さんより目立ってしまうのは、最低限のマナーになります。キチンと守り、気持ち良く参加するのを心がけましょう。

ドレスは、結婚式以外にもパーティーなどで着る機会があります。そのようなときには、ミニドレスを着ても大丈夫です。ミニドレスの中でも、フレアタイプやタイトなタイプなど様々で、着るだけではなく選ぶ楽しみがあります。しかし、あまり短すぎる丈はマナー的にも避けた方が無難です。パーティーの雰囲気に合わせたり、自分に似合うミニドレスを選んだりして、より魅力を引き出しましょう。さらにミニドレスに合うアクセサリーやバッグなどを選んで、コーディネートを楽しみましょう。

フォーマルに合わせる

花嫁

結婚式に参加する際は、ドレスだけでなくヘアスタイルやアクセサリー類などをトータルした服装を気をつけなければなりません。普段通りのスタイルになってしまわないよう、注意しましょう。

華やかな席に合わせる

ドレス

普段の日常の中で着る機会のあまり無いドレスは、結婚式やパーティーなどがある度に購入していては、お金がかかりすぎてしまいます。こういった問題を解消してくれる物がレンタルドレスです。

発表会用のドレスの入手法

花嫁

子供用の発表会ドレスには、手作りと既製品があります。既製品はしっかりした仕立てがメリットですが、手作り品は他とデザインがかぶらない良さがあります。また子供は成長が早いので、サイズは大きめの物を選ぶのも重要です。